出来上がりまでの期間|マイホームを建てるなら工務店に依頼|一国の主になる前に
つみ木の家

マイホームを建てるなら工務店に依頼|一国の主になる前に

出来上がりまでの期間

最低でも5ヶ月

滋賀県内でせっかく家を建てるなら、自分で考えた注文住宅に住みたいと考えている人が多いようです。滋賀県内の土地探しから、工事の終了まですべて見届けて住むことが出来るのが注文住宅の最大のメリットです。分譲住宅であれば、現物を見た後に契約し入居を決めることになります。一般的には、契約時に入居までのスケジュールを販売会社と建てるのが多いようです。個人差はもちろんありますが、通常契約から1か月以内で新居に住むことが出来ます。では、滋賀で注文住宅を建てる場合はどのくらいの期間を考えるべきでしょうか。ちなみに、工事開始の事を通常「着工」と呼びます。家の間取り、オプションなど全ての話し合いが終わってから着工します。最低でも着工から引き渡しまで5ヶ月は見ておくべきでしょう。

余裕を持ったスケジュール

滋賀で注文住宅を建てる場合、正月は新居に住みたいとか、子供の学校の新学期には間に合わせたいなど、色々な要望があるはずです。ただ、新学期や、正月に合わせたい人は他にもいるため、スケジュールの調整が難しくなる場合もあります。その為、出来る事なら引越しをしたい1年前から着工をしておいても良いでしょう。どうしても短い期間でのスケジュールを建てると、天候の影響を受けた場合、良い工事が出来なくなる可能性もあります。良い家を建てるには、必ず「養生期間」が必要になってきます。この養生期間というのは、コンクリートが固まるまでの期間、ペンキが乾くまでの期間の事です。家を建てるためには、場所によってはしっかりと塗装を固まらせた上で工事する必要もあるのです。